お手製「引越しのしおり」で簡単、楽チンお引越し

私が引越しをしたのはお盆前の8月上旬、とても暑い日のことでした。

 

アパートから新築の戸建てへ埼玉県さいたま市岩槻区の同じ区内での引越しです。

 

距離にして3キロほどと至近距離でしかも夫婦二人の分の荷物しかなかったのでかなり簡単な引越しでした。

 

荷物が少ないし本来ならば自分たちでやってしまいたかったところですがベットや洗濯機、冷蔵庫があったため引越し業者さんにお願いすることにしました。

 

料金は2万円で段ボールや荷造り紐、あとお米2キロもサービスしてもらいました。

 

引越しを1日で片付けたかったので朝8時から業者さんに来ていただき早速作業を開始しました。

 

しかも引越し当日、主人が急遽仕事になり、私一人でアパートからの引越し作業をお手伝いすることになりました。

 

予定ではお昼前にアパートを出れればいいなと考えていたのですが、そこはプロの仕事っぷりです。

 

引越し業者さん2人で1時間で全ての荷物をトラックに運んでいただきました。

 

新居は至近距離だったので5分もせずに到着しました。

 

新居には私たち夫婦の友達が6人スタンバイしてくれていて、引越し業者さんと合わせて8人に同時に私が作成した「引越しのしおり」を配布しミーティングを開始です。

 

この「引越しのしおり」はどの部屋にどの家具をどの配置にセットするのか、どの段ボールを運ぶのか、電化製品の配線や棚への荷物の収納リストまで図面付きで全て記載した我が家の引越しマニュアルです。

 

さすがの引越し屋さんも驚いて苦笑いしていましたが8人プラス私の合計9人が同じしおりを見ながら作業するのでかなり効率が良かったです。

 

そのおかげか朝8時に始まった引越しはお昼休憩を1時間とったにもかかわらず13時前には荷ほどきまで終わるという完璧さでした。

 

これには主人もかなり驚いていました。

 

これから引越しをされる方、「引越しのしおり」を事前に作っておくことをお勧めします。

 

指示が文章化されている、全員が同じ図面を共有しているのはかなりやりやすかったです。

 

参考:安い引っ越し

2度目の引っ越し

兵庫県三田市から大阪府高槻市までの引っ越しで6万円ほどかかりました。

 

結婚が決まり、新居への引っ越しと言うことで人生で初めての引っ越し、そして、転勤は無いと思うので人生で一度きりの引っ越しの予定です。

 

新居への引っ越しは、一人暮らしでは無いため、生活に必要な物を実家で先に買い揃えたりしていたのでけっこうな荷物の量になりました。

 

もっと、安いところを探せば、費用は抑えられたと思うのですが、引っ越しが2度目だったので、費用よりも安心できる引っ越し業者を選んで引っ越し作業をしてもらいました。安くて便利な単身パックも検討しました。

 

どこにしようか悩んでいたときに、友達が利用してしっかりと作業してくれたと言っていたところに決めました。

 

私は、作業に時間がかかるため、そして心配性なため、段ボールは引っ越し業者からもらえたのですが、自分で購入して先に荷造りをして、段ボールが何箱くらいになるかをあらかじめ確認していました。

 

引っ越しは、私が実家で引っ越し作業を見届けて、そして新居での受け取りをしたいと考えていたので、引っ越し業者には、その旨を伝え、移動に2時間はかかるので、引っ越しの車もそのくらい時間を空けて欲しいと伝えました。

 

そこで、業者側には話が伝わっていると思っていたのですが、当日に引っ越しの荷物を取りに行くと連絡があったときに、荷物を積み込んだらすぐに新居に向かうと言われ、私がそれでは受け取りが間に合わないため、実家での荷物の運び出しは親に見てもらい、私は先に新居に向かって待つことにしました。

 

見積をしてもらった際、もっとちゃんと自分の希望が通るかを確認しておけば良かったなと後悔しています。

 

ですが、それ以外は全てしっかりとして貰い、壁に傷が付かないようしっかりと保護をしてから荷物を運んでもらって、荷物の卸し忘れなども全くなく、キッチリと作業をしてもらいました。

 

どこにどの箱を置くかも、箱に記載していたので、その通りに運んで貰い助かりました。